自己分析

自己分析とは

その名の通り、自分を分析することである。明確にすべきは以下の3点。

  1. 自分はこれまで、何をしてきたか
  2. 自分は今、何をしているか
  3. 自分はこれから、何をしたいのか

これら3点を明確にすることが自己分析である。

たった3点だととても簡単なように見えるが、それぞれ何をどう考えて行動を起こしてきたか、なぜそうしたか、自分の性格や境遇、行動を起こしたときの周囲を取り巻く環境など、さまざまな要因を含めてこれら3点について考えることが求められるため、1ヶ月どころでは終わらない。半年ぐらいかけてじっくり考えておくとよい。

これまでに何もしてこなかった人ははっきり言って就職活動では大いに不利(なぜその職種を希望するのかの動機を説明するのが難しく、貧弱になる)なので、趣味でも勉強でも何か行動を起こしておこう。

自己分析の方法

3研究科合同で就職セミナーが行われる際に説明があるが、自分について樹形図を描くと整理しやすい。とにかく図や文字にまとめて、イメージを持って思い出しながら整理することが大切である。


NAIST NOW > 就職活動 > 自己分析


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-17 (土) 08:10:33 (2749d)