就職活動での情報の集め方

就職活動用サイト

リクナビ等
リクナビマイナビ日経ナビen-japanあたりが有名どころ。とりあえず全部登録だけはしておくべし。
メールが大量に来るので、就職活動用にメールアドレスを作る方がよい
みんなの就職活動日記
そこそこの規模がある企業の場合は、多くの書き込みが行われるため、情報量が多い。内定者が残した情報もあるので、掲示板のログや、内定者日記などには目を通すとよい。
就職板@2ch
リアルタイムな情報が多いため役に立つ。嘘を嘘と(ry

友人・先輩

これなくして就職活動を乗り越えるのは不可能。

仲の良い友達と面接で聞かれたことを教え合って一緒に対策を考えたり、エントリーシートの誤字脱字のチェックや内容の精査、会社説明会がどういった内容であったかの情報共有をはじめとする対策の充実が期待できる。

その他にも実際に選考を通過したらその人の体験談を聞くことで参考になるものがあるのに加えて、選考に落ちた場合でも、なぜ落ちたかを分析することで次の失敗を防ぐとともに、精神的なショックを和らげることもできる。

とにかく就職活動は「人との繋がりがすべて」と言っても過言ではないので、日頃周囲にいる人たちを大切にしよう。就職活動のために利用してやるという姿勢では、誰も協力してくれない。

会社説明会

もっともオーソドックスな情報収集の方法。しかし、手に入る情報は表面的な情報が多く、実情を知るためにはOB・OG訪問などが推奨される。リクナビ等のホームページから予約する形式のものと、会社の就職活動用特設ホームページから予約するものの二通りがある。

リクナビ等のサイトは情報が整理されていて予約も見逃し辛いが、会社が個別に用意しているサイトから予約する形式のものは、メール連絡がないものもあるため、気づかないうちに説明会をスルーという危険性もある。志望する企業の説明会に参加できなかった、では情報量で損をするので、マメにチェックすること。

なお、大手企業ほど会社が個別に採用活動用のホームページを用意していることが多い。また、中小企業では説明会と面接やエントリーシート提出がセットになっていることが多々あるため、何も考えずに行くと不意打ちを食らう可能性がある。必ず就活サイトなどで内容をチェックしてから行くこと。

OB・OG訪問

大学院のOB・OGに連絡をとり、会社の仕事に対して興味があるという旨を伝えて、時間をつくってもらい、個別に会ってもらうこと。質問次第ではかなり本音が聞きだせるため、会社の雰囲気を知るためにも志望度の高い企業のOB・OGには積極的に連絡を取るとよい。

また、仕事内容だけでなく、エントリーシートの下書きを持っていけば、それを添削してくれたり、面接のアドバイスをいただくことができる場合も多いため、そういった意味でもOB・OG訪問をするのとしないのでは、就職活動において大きな差が開くだろう。

情報科学研究科資料室

就職活動を終えた先輩方が残している資料が保管されている。資料室は情報科学研究科事務室の向かいの部屋で、その左奥に資料がある。

面接で何を聞かれたか、どんな選考があるかなどがある程度詳しく記してあるため、参考になることも多いが、個人が書く資料であるため、そこまであてにすることは禁物。
(個人が任意で書く提出物なので短い報告書は読む価値がほとんどない)

会社のホームページ

説明会に参加する前に、最低限調べておくべきことが載っている。 説明会には、会社のホームページすら見ずに来たとわかる質問をする人もいるが、笑ってはいけない。


NAIST NOW > 就職活動 > 情報の集め方


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-20 (日) 21:59:58 (157d)